作左衛門の宮城生活

さくざえもんの日常

ビバリーヒルズコップ3への不満

こんばんは。連休はパートナーと近場でのんびりしたりAmazonプライムで懐かしいアニメや映画を観てすごしました。

 

Amazonプライムいいですよね。Amazonプライムにはっているだけで昔の映画やアニメを見放題なんですから。

ただ、思い出補正のままみてみたらがっかりってパターンもたまにあります。

今回はがっかりパターンを紹介します。もうさんざん語りつくされたかもですが、ビバリーヒルズコップ3です。

1,2はすごく面白いのですが、3はびっくりするくらい駄作というか金の使い方がおかしい作品です。

まずは1,2についてザックリ説明しますね。

デトロイト警察所属の、エディマーフィー扮するアクセルフォーリー刑事が、知人友人が犯罪者に襲われることが切っ掛けにビバリーヒルズで行われる巨大犯罪を解決する作品です。

ストーリー展開としてはすごくいシンプルです。最初の10分くらいで主人公が倒すべき敵が明示されて、アクセルのユーモアあふれるセリフと清濁併せた捜査によって最後は派手な銃撃戦でパパっと解決みたいな感じです。

ところが、3に関しては起承転結のない淡々としたストーリーです。つまらないし、金のかけ方がおかしい。

とりあえずつっこみどころを羅列します。

1:アクセルの上司である、デトロイト警察署の男が敵に撃たれ、殉死。これに激怒したアクセルが敵を討つためにビバリーヒルズに再び現れる。。。。のだが、この上司と彼とのかかわりは1,2ともに希薄というかむしろアクセルのことをあまり理解しようとせず足をひっぱってるような節さえあった上に1,2での出演時間を合計しても数分程度です。そんな彼が殉死しても見る方としては ”は?”となるわけです。アクセルがそこまで激怒する?という不自然さ。

 

2:アクセルフォーリーの声が山ちゃんじゃない。エディマーフィーといえば山寺宏一!!っていうくらいエディと山寺宏一は切ってもきれない関係といってもいいくらいなのに別の声優な上にセリフがつまらない。声優チョイスと翻訳が下手って感じでした。

 

3:捜査がつまらない。1,2では半ば犯罪じゃね??っていうような潜入や芝居をしながら真実に近づくっていうプロセスがたのしかったのに、3では遊園地を舞台に淡々と捜査していきます。

 

4:ボスたちがあっけない。実行犯リーダーは冒頭でわかるのですが、裏で糸をひいていたラスボスがあまりそれらしいフラグもたてずに最後にでてきてソッコーアクセルに撃たれて死にます。

 

5:前作のキャラが少ない。ビバリーヒルズでつるんでいた魅力的なキャラクターたちの大半がでてきません。がり勉っぽそうなローズウッドだけでてきます。でもあまり役に立ちません。1,2のほうがまだ活躍してました。

6:金のかけ方がおかしい。3で一番かねかけたのかな?と感じたのが、舞台となったネズミーランドのまがいもんとカメオ出演したジョージルーカスじゃないの?

前作が売れた映画ほど、カメオ出演でごまかす傾向ある気がするのは俺だけかな。

 

 

以上です。

1,2は面白いのでAmazonプライム会員の人やツタヤユーザの人はぜひご覧ください。

以上、作左衛門でした。